前へ
次へ

Mastercardは特にヨーロッパで強い

Mastercard(マスターカード)は世界シェアNo.1のVISAと並ぶ世界中で使えるクレジットカ

more

マスターカードのロゴの歴史!

世界中のお店で見かける、赤とオレンジの円。誰もがひと目で「マスターカードだ!」とわかる、マスターカー

more

Mastercardの創業者マイケル・フィリップス!

VISAと並ぶ加盟店数で世界シェア第二位のマスターカード。そんなマスターカードの創業者「マイケル・フ

more

mastercardの歴史は1967年〜!ヨーロッパをシェアする実力

mastercardは複数のアメリカの地方銀行が統合し、mastercardの前身であるインターバンクアソシエーション(ICA)を設立しました。そのためマスターカードは創始者が誰か、と明言するのは少し難しいようですが、一応はマイケル・フィリップスという人が創始者とされています。彼は創立を確実なものにしたのは彼なのです。マイケル・フィリップスの幼少期のことなどはあまり書籍などに残っていないようです。むしろVISAのバンクオブアメリカの関係者として登場します。話を戻しまして、そしてそれ以降ICAはメキシコのBanco Nacionalと提携、欧州のEurocardと提携していきます。このようにして欧米圏でシェアを伸ばしていきます。現在では欧米圏でシェアを誇っていますが、世界各国でもマスターカードのシェアは高いです。そうなった理由として、ライバルであるバンクオブアメリカは(現在のVISA)これまで受信機を有料で貸し出していたのですが、mastercardはVISAもmastercardも使用できる受信機を無料で加盟店に貸し出したのです!クレジットカードは便利なのですが、加盟店は導入コストが厳しい場合があるので、非常に戦略的ですよね。そんなこんなで現在でもVISAに次ぐシェア率になりますが、欧米圏ではVISAよりも強いと言われています。一方アジア圏ではシェアが少し弱いようで、人口世界一を抱える中国が銀聯のシェアをどんどん伸ばしていっている状況。そのため日本に住んでいる私たちならば、VISAの方がおすすめかもしれません。もしあなたがヨーロッパに旅行する際にはmastercardブランドのクレジットカードを持って行った方が良さそうですね。現在ではどんどんキャッシュレス化が進んでいるので、海外へ渡航する際にはかならずクレジットカードを持っておいた方が良いと言われています。何のクレジットカードを持って行くかは、そのブランドの歴史を少しだけ見て、シェア率を把握した方がよさそうですね。

大崎でショッピング枠を現金化したいときは?

上野でショッピング!現金化するならココ

夜の街歌舞伎町でお金が無いときはショッピング枠現金化

太パパが切れた!そんな港区女子のピンチにはショッピング枠現金化

梅田でショッピング枠現金化ができるところを厳選!

Page Top