前へ
次へ

Mastercardは特にヨーロッパで強い

Mastercard(マスターカード)は世界シェアNo.1のVISAと並ぶ世界中で使えるクレジットカードです。日本では以前はあまり知られていなかったが、「買えるものはマスターカードで!」の印象的なテレビCMで知名度が上がり、今では知らない人がいないほど。クレジットカードを作るとき、どちらにするか迷われる方も多いのではないでしょうか。マスターカードの設立は1966年。その後、1968年にEurocard(ユーロカード)と提携します。マスターカードの名称を使い初めたのは1970年代になってからです。世界中の「Mastercard加盟店」で利用できるマスターカードはVISAと並ぶクレジットカードの2大国際ブランドです。マスターカードは早くからヨーロッパに強かったEurocardと提携していたことから、特にヨーロッパやオーストラリアで強いと言われています。これらの地域では、今もマスターカードのみしか使えないショップやレストランがあるそうです。旅行に行かれる場合は念のためマスターカードを1枚持っていくと安心です。

Page Top